バイアグラ、レビトラ、シアリス比較

バイアグラ、レビトラ、シアリスの3大ED治療薬を徹底的に比較検証します

*

レビトラ:効果・持続時間比較

      2017/10/05

レビトラとはどんな薬?

レビトラ20mg

レビトラは世界で2番目に認められたED治療薬となっています。2003年にドイツのバイエル社から発売され、2004年に正式に日本でも使用が認められるようになりました。定番のバイアグラとの大きな違い、レビトラは食事の影響を受けないという点です。ただ、食事の影響を受けにくいとは言いますが、「総エネルギーに占める脂肪の割合が30%」という謎の表記があります。これは、男性であれば一度の食事の摂取カロリーに対して30%以内の脂肪の割合であればいいという計算になります。ただ、いちいち計算していられません。

こうしてみると、レビトラはバイアグラが食事に影響を受けるため、それを克服しようと新しく開発されたED治療薬となっているんです。バイアグラの欠点を克服するためのレビトラといった感じになります。

実際にバイアグラは効果がイマイチだったけど、レビトラに変えたら効いたという人や、糖尿病を患っている人がレビトラを試してみたらバイアグラよりもよかったといった例があります。個人差がありますが、こういった例を参考にしてみるといいかもしれませんね。

レビトラの効果とは?

レビトラの効果は、基本的にはバイアグラと同じと言われています。レビトラに含まれている有効成分「塩酸バルデナフィル水和物」は「5型ホスホジエステラーゼ」の働きを阻止してくれます。有効成分はバイアグラとは違いますが、勃起を促す仕組みは同じということになります。

ただ、配合されている有効成分が違う分、食事の影響を受けやすいかどうかといった問題が出てきます。レビトラについては食事の影響を受けにくいとなっているので、食事を自由に楽しみたい人にはバイアグラよりもレビトラの方が向いているでしょう。

その他にレビトラの特徴としては、バイアグラよりも即効性と効き目が強いというデータも出ています。これは、それぞれに配合されている有効成分が違うからでしょう。ただ、レビトラもバイアグラと同じように、性的興奮を感じてからの効果ということになるので、何も感じていない時に飲んでもあまり期待しているような効果は得られないと思います。

レビトラの効果時間について

レビトラの効果時間は5時間から10時間と言われています。この時間の幅は、種類の違いから生じています。日本で使用が認められているレビトラについては、5mg、10mgと20mgの3種類となっています。ただ、5mgについてはほとんど効果が得られないので病院でも置いているところは少なくなっています。なので、たいていの場合は10mgか20mgとなっています。このどちらを選ぶかによって、効果が変わってきます。

10mgの方であれば5時間から6時間、20mgの方であれば8時間から10時間となっているんです。個人差はありますが、平均するとこれくらいの時間持続すると言われています。また、レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬となっているので、空腹時か満腹時かによって、現れてくる効果にも多少の違いが出てくるようです。その中でも、空腹時の方がやはり効果は出ると言われています。

レビトラ概要

服用のタイミングセックスの1時間前
効果の持続時間5~10時間
製造元バイエル製薬
主成分バルデナフィル
メリット即効性がある
持続時間が長い
デメリットシアリスほど持続しない
平均価格2,000円/錠

 - レビトラ, 効果・持続時間の比較

  関連記事

バイアグラ:効果・持続時間の比較

バイアグラとはどんな薬? 今やED治療薬といえば真っ先に思い浮かぶのがバイアグラ …

シアリス:効果・持続時間の比較

シアリスとはどんな薬? シアリスは2003年にアメリカで発売された薬になります。 …